スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その13 【板橋オペラの巻】

夜は、板橋区立文化会館大ホールで行われている板橋区演奏家協会のオペラの練習を聴きに行ってきました。

板橋区演奏家協会は、板橋区の主宰するクラシック音楽オーディションに合格した音楽家によって組織されたプロフェッショナルな音楽家集団。
僕も協会員です。

今回の演目はレハールの喜歌劇「メリー・ウィドウ」

オーケストラは、ヴァイオリン2本、フルート、オーボエ、クラリネット、サクソフォーン5本、トロンボーン、ピアノ、ハープという総勢13名の板橋区演奏家協会ならではのユニークな編成。
猪間道明、鈴木典子両氏の共同編曲によるものです。

今日は、3幕の練習を聴くことができました。

キャストの人たちのダンス素晴らしかったです。
オケもたった13人とは思えない豪華なサウンドでした。

年々規模が拡大していって、どんどんよくなっているな、と感じました。

今回僕は出演しませんが、また来年ぜひ出演したいと思います。

この公演の詳細については、板橋区演奏家協会のホームページをご覧下さい!!!

板橋区演奏家協会のページ http://ipaipa.com/


練習の後、久しぶりに成田さんたちと飲みに行きました。

金井さんと梓

金井さんと佐藤梓ちゃん。
金井さんは今回、劇中のガラコンサートでグラズノフ(金井宏光編曲)の「サクソフォーン協奏曲」を演奏されます。
聴きたかった~。
梓ちゃんは今回、1st Alto Saxophone奏者として大活躍します。

マエストロ成田氏

板橋区演奏家協会のマエストロ・成田徹さん。
今回も、指揮者として大活躍!
オペラの指揮はほんとにいろいろ大変だと思うのですが、いつもみんなをしっかり牽引しています。
尊敬します。

宇田さんと吉倉さん

クラリネットの宇田早苗さん(左)と板橋が誇るスーパーバリトンサクソフォーン奏者・吉倉昌紀さん(右)


みなさん、本番頑張ってください!

FC2カウンター

プロフィール

國末貞仁

Author:國末貞仁
サクソフォーン奏者

香川県高松市出身。
香川県立高松高等学校、東京芸術大学を経て、同大学院修士課程修了。
これまでにサクソフォーンを西宇徹、須川展也、石田智子、二宮和弘、冨岡和男の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。

旧ブログ
Sadahito Kunisue blog
(2005/11/22~2008/6/5)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

バロメーター

ブログの更新率

お気に入りブログ新着情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

最新記事

最新コメント

フリーエリア


ジオターゲティング

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。